Welcome to my blog

りりのきまぐれ らいふ♪

ARTICLE PAGE

いただいた本と#40レース糸の太さ

連休中、20代のころ働いてた職場の大先輩とお会いする機会があり
レース編みをしてることを話したら、古い本とレース糸を送ってきてくださいました。
「永久に貸してあげますよ」と言って下さり、もう大感激です

いただいた本

こちらが届いた本。
一緒にダルマレース糸もいただきました。
ナント、200gも!!
ほんとに、ほんとにありがとうございました

そうそう、レース糸も今までいろんなメーカーの糸を使ってみましたが
同じ40番の糸でも微妙に太さって違いますよね。
当然だけど仕上がり感もさまざま。
で、ちょっと糸の太さを調べてみました。
細い順に並べてみるとこんな順番に…

糸の比較1

ミルフローラはダントツで細いですね!!
私の場合、この糸には10号のレース針がぴったりです。
同じオリムパスのレース糸でも、金票とプラチナでは
太さが違うみたい??
ちなみに、以前編んだドイリー(記事はこちら→)で比較してみるとこんな感じ。
ちょっとわかりにくいかしら…
糸の比較2

糸の比較3

ミルフローラで編んだ方が若干、直径も小さめで厚みも薄いです。
そう、ペラペラな感じ…
でも編み目が細かい分、出来上がりも繊細で美しく見えるような気がしました。
編みやすさは個人の感覚なのでなんとも言えませんが私は好きです。
針の号数のチョイスやデザインによっても仕上がり感は変わるので
まだまだ最適な糸については模索中です


リボンラインbous


#30の糸で編んだPKさんのドイリーが完成しました。
仕上げが終わったらUPしますね


にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ハンドメイドブログへ��にほんブログ村に参加しております。
  click! して頂けたらとってもうれしいです

関連記事

2 Comments

りょう☆  

貴重な資料をありがとう♪
今まで何となく・・で比較していたけど重さと長さで考えれば分かりやすいですね。

先輩から素敵なプレゼントでしたね。
私も母からもらった糸はダルマでした。
パッケージが何とも昭和でいいですよね~ ヾ(^_^)

2011/05/13 (Fri) 16:54 | EDIT | REPLY |   

りり  

Re:りょう☆ さんへ

以前ミルフローラで編んだら、本に載ってるよりかなり少ない量で
編めちゃったのでちょっと調べてみたんです。
日本の本は必要量が重さで記されてるけど洋書では長さですよね。
最初は長さなんて分かりにく…って思ってたけど
両方で比較すると、よく分かりますね!

ダルマ糸のパッケージ、昔から変わりませんね。
ホント、昭和です~(^^)

2011/05/13 (Fri) 18:19 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment